Seasonal
Coltex.2021-2022 冬コレクション   

Coltex.2021-2022セミドライ
過去数年に渡り、真冬用一番人気のストレッチファスナー。
今年は過去数年で最も大きなアップデートを施しました。
着心地の向上 & 各部の強度UP、、、
ここ3~4年で集めたデータの集大成スーツとなります。

構造、そして体感できる着心地。
昨年までのモデルとどう違うのか!?
イラストを交えましてアップデート内容をご紹介致します。

・肩周辺をさらにふんわりとルーズフィットに

この矢印部分の(特に外側のフラップ)の距離=圧力を変え、体感ふんわり度をさらに上げました。
度合いとしてはファスナーを閉める段階で違いが分かるほど!!
以前のモデルを着られていれば、間違いなく感じて頂けるくらいの体感差となります。
ネックエントリー的な解放感に近づくとお考え下さい。


・肩~脇部分の強度を上げました
この部分は経年劣化がさらに少ない、昨年とは異なるラバーを使っています。
肩峰部のラバー割れ(ぞうさん肌現象)や、劣化による薄ペラ化を抑える試みです。
同時に、下のパーツとの接着強度も引き上げています。



・止水力(防水性)を上げました
昨年までよりも深く、かつ広い止水バリアは首元からの浸水量をダウン。
加えてジャージフルでも採用した、排水を速めるバリア底部の形状&大きめのドレンホール。
これによりバリアを決壊して溢れてくる水を減らし、結果保温力をアップしています。


ファスナーのスライダー(ヘッド)はポケット状のエンド部分に格納します。
この数シーズンで辿り着いた最も破損の少ない形。
シンプルで丈夫です。



着脱は簡単、そして速い。
伸びるファスナーを開けると広がる巨大な開口部分。
体型を問わないイージーな脱ぎっぷり、、驚いて頂けると思います。
このパーツにはウルトラストレッチのNESLを使います。

開口部の裏側から入り口はストレッチテープで巻き込み補強。
細かい部分も丈夫です。

ネックは防水性の高い折り返しダブルネックが標準装備となります。
内側のラバーが浸水量を減らし、外側のラバーは風を止める、、最強の首仕様!!
多くのブランドで採用されており、いまや冬には必須。
Coltex.では独自の『らせん状』のカットにて強度を上げています。

今年も袖口部分がNESLジャージとなり、エンド部分の摩耗強度をアップ。
負担の少ないらせん状カット、袖を掴みたい方にも使えると思います。
この部分にオリジナルなカラーを入れることが可能です。
(もちろんカット無しの一続きラバー指定もOKです)

波線カッティングにより下半身との接合を強化した体幹部。
腹・腰。背中を覆うのは毛足の長い起毛素材ドライヒートWP。
速乾性が高く、暖かい素材です。

そして腕には、、
今年の目玉マテリアルである『アルティメットストレッチ・ラバー』を使用。
この素材、起毛ではありませんが、柔らかさと軽さが尋常ではありません。

飛び抜けたストレッチと超・軽量という性能をバックに、あえて4mm厚の暖か仕様で。
過去のテスト結果から2年目以降の硬化がひときわ低かった素材でもあります。
ウェットスーツは伸びが持続すれば割れにくい、という原則。
長持ちも間違いないと思われます。

もちろん下半身にもこだわりました。
ウルトラストレッチ素材NESLを全面に使用。
あえて起毛素材を避けています。

破損リスクが高い下半身は、柔らかいことで周りのパネルに良い影響を与える部分です。
生地そのものの伸びが持続することで、その中心にある接着面への負担を軽減。
硬くなりにくいウルトラストレッチ素材は、複数年単位で見た「接着面の割れ・剥がれ」を抑止できます。

足首先端のウェットブロックスキン。
こちらも過去にはオプション対応だった防水構造です。
表面に加工を施した特殊ラバーは水の吸い上げを軽減します。
これでブーツ内に溜まる海水は減ることでしょう。
タフネスを目指し、 前後の高さなどカッティングをアップデートしています。

ストレッチファスナー最新バージョンは以下2タイプのマテリアルでの展開です。
・最暖起毛モデル
・超伸縮保温モデル
価格は¥68,000+ストレッチファスナーチャージ¥6,000となります。

このページでご紹介したのは最暖起毛モデルです。