Seasonal
Coltex.2021-2022 冬コレクション    

究極のスーツ "フリーショルダー"。
今冬は特に素材にこだわりました。
アルティメットストレッチという、とてつもない伸びのラバー素材を
片腕〜背中全面〜逆の腕まで、一枚パネルで使用。

Coltex.スーツで過去に使用したラバー素材の中では断トツの柔らかさ&軽さ。
また、経年劣化が極端に少なく硬くなりにくい。
長い目で信頼できる良質素材です。
ストレッチファスナーと同じく、どんな鈍感な方でも体感して頂けるアップデート内容となります。


フリーショルダー(ネックエントリー)といえば着脱。
ここがどうにも馴染めず離れていった方も多い。。。
しかしColtex.では未だにラインナップに残り、ストレッチファスナーに次ぐ2番手の人気。
これには理由があります。

他のブランドのそれよりも脱ぎやすく、よりルーズフィット。
スタイル(ほっそりしたシルエット)には流されず、
このスーツの良い特性を残し、このスーツに求める性能を研磨した結果です。

独自のカッティング、サイズ設定、長さ設定など。
その一つが脇から腕先端にかけての着脱ジャージパネル(ここを引けば脱げます。ラバーは触らなくて大丈夫)。

ネックエントリーファンの方なら、このパーツがいかに大事か分かるはず。
ここには厚みを調整したColtex.特注のアルティメットストレッチジャージ。
この異常なほど伸びるジャージは市販では手に入りません。

触って頂ければ、強烈な伸びが瞬時に伝わります。
僕の記憶を探っても、過去のどんなジャージ素材よりも柔らかい。
これを独自のサイズ設定で配置。
着脱のストレスをさらに軽減しようというわけです。

着脱と言えば、脱ぐ際につまむ胸パネル。
ここには耐久性に優れたメッシュスキンを、腕が出し入れしやすい独自のゆとり設定で。
気を遣わず胸を掴めて『簡単着脱』に、そして胸部分の強度も上げています。

そして昨年と同様、弱点と思われる部分の直線カットをウェーブカット(波線)化 ⇒ 強度アップ
過去に起こった破損事例を細かく把握し、毎年改善に努めています。
テンションを逃がすウェーブカットは主に前股などに使いますが、
このフリーショルダーにおいては着脱時に引っ張るパーツにも採用です。

フリーショルダーは5/3mm(上半身3mm、下半身5mm)仕様が標準ですが、
この↓ 背中〜腕の一枚パネル(アルティメットストレッチ、フラットスキンの部分)を
4mmに変更することも可能です。

オフショアの当たる背中全体。
より暖かさを求める方には、外壁の厚みアップは効果絶大です。
また、4mm厚になってもこのマテリアル。
伸びと軽さは抜群です。

もちろん下半身にもこだわりました。
ウルトラストレッチ素材を全面に使用。
あえて起毛素材を避けています。

破損リスクが高い下半身は、柔らかいことで周りのパネルに良い影響を与える部分です。
生地そのものの伸びが持続することで、その中心にある接着面への負担を軽減。
硬くなりにくいウルトラストレッチ素材は、複数年単位で見た「接着面の割れ・剥がれ」を抑止できます。

足首先端のウォーターブロック。
こちらも過去にはオプション対応だった防水構造です。
表面に加工を施した特殊ラバーは水の吸い上げを軽減します。

これでブーツ内に溜まる海水は減ることでしょう。
タフネスを目指し、
前後の高さなどカッティングをアップデートしています。

フリーショルダー最新版はウルトラストレッチ保温のみでの対応、価格は¥68,000となります。
過去のデータを反映させたColtex.ファクトリーの自信作です。