Seasonal
Coltex.2020-2021 冬コレクション   

Coltex.2020-2021セミドライ
今年も真冬用一番人気のストレッチファスナー。
他のシーズンにおいてもその着心地は大好評!!

今年はジャージフルはもちろん、スプリングやシーガルにおいてもストレッチファスナーを選ぶ方が増えました。
このモデルの"脱ぎやすい"という評価はさらに進化し、『着心地の楽さ』にインプレが集まっています。

ストレッチファスナーの価格は、、、
¥63000+ストレッチファスナーチャージ¥6000となります。
このページでご紹介しているのは最暖起毛モデルです。
※ 長持ち、耐用年数が売りの全身NESLラバー&ジャージ "超伸縮保温モデル" も同額です!!



今年は大きく2点のアップデートがメインとなります。
@排水スピードの向上 → バリアの内側に入る水の大幅減少 → 保温性アップ!!
ジャージフルでも採用した胸のドレンホールに加えて、排水を速めるバリアの形状。
これによりバリアを決壊して溢れてくる水を減らし、結果保温力をアップしています。

A弱点と思われた部分の直線カットをウェーブカット(波線)化 → 強度アップ!!
過去に起こった破損事例を細かく把握し、毎年改善に努めています。
テンションを逃がすウェーブカットは股などに採用していますが、今年は肩にも採用です。



写真のマテリアル↓ は最暖起毛モデル。
先のフェアでは一番人気、寒冷地までカバーされる方にはこちらがお勧めとなります。


ストレッチファスナーについては防水性に加え、ずば抜けた脱ぎやすさが特徴です。
解りやすく他モデルとの性能比較をしてみると、、、
・防水性
1フリーショルダー 2ストレッチファスナー 3ベルクロZIP
・着脱の早さ、簡単さ
1ストレッチファスナー 2ベルクロZIP 3フリーショルダー
・運動性(パドルの楽さ)
1フリーショルダー 2ストレッチファスナー 3ベルクロZIP
・トータルバランス
1ストレッチファスナー 2ベルクロZIP 3フリーショルダー

こんなイメージでしょうか。
個人的には全ての性能が合格点をしっかりと上回る、いわば『性能バランスに突出したスーツ』という印象です。
ファスナーの違和感も限りなくゼロに近いため、どんな体型の方でも、身体の硬い方でも快適にお使いいただけると思います。

伸びるファスナー。
山なりに、僅かにたわませて取り付けたこのポジションが着心地を左右します。
腕回りのゆとりやインナー(着脱時に伸ばす生地)の高さなどなど、、、
ファスナー部分に違和感のない着心地はトライ&エラーのたまものです。

ファスナーのスライダー(ヘッド)はポケット状のエンド部分に格納します。
この数シーズンで辿り着いた最も破損の少ない形。 シンプルで丈夫です。

その下にはドレンホール。
インナーバリアの外側まで入った海水はここから排出します。


着脱は簡単、そして速い。
伸びるファスナーを開けると広がる巨大な開口部分。
体型を問わないイージーな脱ぎっぷり、、驚いて頂けると思います。
このパーツにはウルトラストレッチのNESLを使います。

開口部の裏側から入り口はストレッチテープで巻き込み補強。
細かい部分も丈夫です。

ネックは防水性の高い折り返しダブルネックが標準装備となります。
内側のラバーが浸水量を減らし、外側のラバーは風を止める、、最強の首仕様!!
多くのブランドで採用されており、いまや冬には必須。
Coltex.では独自の『らせん状』のカットにて強度を上げています。

今年も袖口部分がNESLジャージとなり、エンド部分の摩耗強度をアップ!!
負担の少ないらせん状カッティング、着脱時に袖を掴む方には助けになるはず。
この部分にオリジナルなカラーを入れることが可能です。
(もちろんカット無し、一続きラバー仕様でカスタムも可能です)

腕からの浸水をさらに強固にブロックされたい方には、以下のオプションをご用意しています。
・手首先端のウェットブロックスキン(寒冷地向け)
・手首先端のダブル(二重)加工(極寒地向け)

体幹部を覆うのは毛足の長い起毛素材ドライヒートWP。
速乾性が高く、暖かい素材です。

腕には水をほとんど吸わないエクストラドライを使用しました。
この素材により、裏地の吸水によって起こる腕全体の重量増加をストップ!!
セッションが終るまで、軽いパドルを維持します。


もちろん下半身にもこだわりました。
他とは一味違う、フリーな膝感覚。
膝周りには特に力を入れており、キモとなる膝裏3mmパネルの拡大&立体化!!
屈伸はジャージフル並の感覚です。

足首先端のウェットブロックスキン。
こちらも過去にはオプション対応だった防水構造です。
表面に加工を施した特殊ラバーは水の吸い上げを軽減します。
これでブーツ内に溜まる海水は減ることでしょう。
おまけとして、足が入れやすいというメリットもあります。

極寒地向けにはブーツを挟み込むダブル仕様もあります!!
各部のカスタムも気軽にご相談ください。

下半身にはウルトラストレッチ素材NESLを全面に使用。
あえて起毛素材を避けています。
破損リスクが高い下半身は、柔らかいことで周りのパネルに良い影響を与える部分です。
生地そのものの伸びが持続することで、接着面への負担を軽減。
硬くなりにくいウルトラストレッチ素材は、複数年単位で見た「接着面の割れ・剥がれ」を抑止できます。
スーツは今まで以上に長持ちすることでしょう☆

長持ち=強度と言えば、股の接合面。
破損のリスクが高いこのパートには力を逃がす『波型カッティング』を引き続き採用。
接着面の割れや、針穴の拡大を抑制するものです。
必要な個所には補強テープを装備させて、こちらも強度アップを重要視しています☆
Coltex.の運動性アップ&強度アップ路線は今年も変わりません!!!


ストレッチファスナー・最暖起毛モデル&超伸縮保温モデル(全身NESLラバー)は共に、
¥63000+ストレッチファスナーチャージ¥6000となります。