Seasonal
Coltex.2020-2021 冬コレクション    

Coltex.セミドライ "フリーショルダー" 最新バージョン。
以前から書いていますが、『究極のスーツ』はこのフリーショルダー。
背面の一枚パネルなど、着ている最中の性能にフォーカスしているからです。

しかし、半端でない性能バランスのストレッチファスナーが登場し、
人気という意味では押され気味、というのが正直なところ(汗

そこで、、、
昨年モデルからマテリアルをさらに奮発しています!!!
日本発のこの究極スーツには消えてほしくない、
「究極のフィーリング」を求める方には、まだまだ第一の選択肢としてご提案したい気持ちです。

そのマテリアルはこんな↓
腕から背中全面をピンク色のエクストラドライ!!
ほぼ水を吸わず、とてつもなく伸びるこのマテリアル。
これを贅沢に一枚パネルで。

もちろん胸&腹パネルにも使い、上半身ほぼ全て!!
水を吸いにくい ⇒ 上半身が重くならない、というオマケ付きです。


今年は割とはっきりしたリニューアル。
こんなアップデートを施しました。

@上半身のラバー面積拡大 ⇒ 保温性向上。
特に脇腹&腰のラバー面積を拡げました。
水上に出ている上半身の体温低下を防ぎます。


A弱点と思われた部分の直線カットをウェーブカット(波線)化 ⇒ 強度アップ。
過去に起こった破損事例を細かく把握し、毎年改善に努めています。
テンションを逃がすウェーブカットは股などに採用していますが、
着脱時に引っ張る手首、そして肩、脇腹にも採用です。

そしてここがさらに強烈!!
脇から腕先端にかけての着脱ジャージパネル(ここを引けば脱げます。ラバーは触らなくて大丈夫!)。

ここにはColtex. 特注生産の超x2ストレッチ素材!!!
この異常なほど伸びるマテリアルは市販では絶対に手に入りません。

触って頂ければ、この強烈さは瞬時に伝わるレベル。
僕の記憶を探っても、過去のどんなストレッチ素材よりも柔らかい!!
着脱のストレスをさらに軽減しようというわけです。

着脱と言えば、脱ぐ時につまむ胸パネルは耐久性に優れたメッシュスキンを使っています。
(他の部分は撥水性に優れたフラットスキン、光沢の違いが見えると思います↓)
気を遣わず胸を掴めて『簡単着脱』に、そして胸部分の強度も上げています。

フリーショルダーは5/3mm(上半身3mm、下半身5mm)仕様が標準ですが、
この↓ 背中〜腕の一枚パネル(超伸縮のエクストラドライ、スムーススキンの部分)

このエクストラドライを4mmに変更することも可能です☆
4mmとはいえ、このマテリアル。
伸びは抜群!!
吸水性の低さが生む『軽さ』にも驚きです☆


もちろん下半身にもこだわりました。
上半身同様、ナチュラルな関節の動き☆
膝周りには特に力を入れており、膝裏3mmパネルの拡大&立体化!!
屈伸はジャージフル並の感覚です。

足首先端のウェットブロックスキン。
こちらも過去にはオプション対応だった防水構造です。
表面に加工を施した特殊ラバーは水の吸い上げを軽減します。
これでブーツ内に溜まる海水は減ることでしょう☆
おまけとして、足が入れやすいというメリットもあります。

下半身にはウルトラストレッチ素材NESLを全面に使用。
あえて起毛素材を避けています。
破損リスクが高い下半身は、柔らかいことで周りのパネルに良い影響を与える部分です。
生地そのものの伸びが持続することで、接着面への負担を軽減。
硬くなりにくいウルトラストレッチ素材は、複数年単位で見た「接着面の割れ・剥がれ」を抑止できます。
スーツは今まで以上に長持ちすることでしょう☆

長持ち=強度と言えば、股の接合面。
破損のリスクが高いこのパートには力を逃がす『波型カッティング』を引き続き採用。
接着面の割れや、針穴の拡大を抑制するものです。

必要な個所にはそこに適した2種類の補強テープを使い別け、
強度アップを重要視しています☆
Coltex.の運動性アップ&強度アップ路線は今年も変わりません!!!


フリーショルダー最新版の価格は、、、
¥63,000となります。
過去のデータを反映させたColtex.ファクトリーの自信作です。