Seasonal
Coltex.2019春秋コレクション   

こちらはColtex.ストレッチファスナー。
最も性能バランスに優れたスーツで、体型を問わずどなたでも簡単に着脱できます。
伸びるファスナーの取り付け位置、そして角度、
インナー(着脱時に伸ばす生地)の高さや前後バランスなど、、、
防水性と使いやすさ、そして耐久性の理想点を見つけています。



解りやすく他モデルとの性能比較をしてみると、、、
・防水性
1フリーショルダー 2ストレッチファスナー 3ベルクロZIP
・着脱の早さ、簡単さ
1ストレッチファスナー 2ベルクロZIP 3フリーショルダー
・運動性(パドルの楽さ)
1フリーショルダー 同率2位でストレッチファスナー&ベルクロZIP
・トータルバランス
1ストレッチファスナー 2ベルクロZIP 3フリーショルダー

こんなイメージでしょうか。
個人的には全ての性能が合格点をしっかりと上回る、いわば『性能バランスに突出したスーツ』という印象です。
ファスナーの違和感も限りなくゼロに近いため、どんな体型の方でも、身体の硬い方でも快適にお使いいただけると思います。

伸びるファスナー。
山なりに、僅かにたわませて取り付けられたこのポジションが着心地を左右します。
ファスナー部分に違和感のない着心地はトライ&エラーのたまものです。



ファスナーのスライダー(ヘッド)はベルクロカバーとなるエンド部分に格納できます。
その下にはドレンホール。
インナーバリアの外側まで入った海水はここから排出します。



着脱の簡単さ、早さ。
昨年春秋モデルからの一番のアップデートがここになります!
着脱時に伸ばすインナー部分。

前後のバランスが大きく変わり、絶妙な湾曲カッティングの大開口。
『脱ぎやすく、しかも水が入りにくい』
完全なベースアップとなりました☆
セミドライでGOODインプレを多数頂いた、あの構造そのものです。
お客様の声をチェックしたい方は、こちらから掘ってみて下さい! →ユーザーの声



背面にもこだわりました。
他のスーツと同様、背中と腕は一枚パネルとなります☆
着心地の良さはもちろん、独特のバックスタイルです。



他のスーツと同様、強度面も忘れていません☆
ボードとの間で酷使される股の接合面。
力を逃がすよう、計算した湾曲カットで接着しています。



テスト段階ではテープによる補強が要らないタフネスを感じていましたが、
念のため“補強テープ”を標準装備しています。
補強テープは部位によってタイプを変え、肩周辺にはストレッチテープを使用します。
(硬度の差による周辺の破損など、デメリットもある補強テープは出来るだけ無くしていきたい。
これを可能にするのが力を逃がすカッティング、となります。)



下半身にも最新バージョンの立体カットを採用。
特に膝の感覚に影響する「膝裏カッティング」にはこだわっています。
突っ張り感の無い、自然なフィーリングを感じて貰えると思います。



マテリアルについて。
ストレッチファスナーのマテリアルは超伸縮のNESLのみを使用。
NESLは生地の硬化が極端に少なく、この柔らかさと軽さは2年目も!
お客様のインプレ&リピート率は極めて高く、最高のコストパフォーマンス素材だと思います。

カラーパターンは全23色+メランジ系6色。
加えてカモフラージュが3色となります。



Coltex.ストレッチファスナー。
保温・パドリング・脱ぎやすさ、、、
そんな性能バランスが素晴らしく、どんな体型の方でもさらりと脱げる一着。
テストに時間をかけた、マニア職人の自信作です。
お値段は¥49,800+¥6,000(ストレッチファスナーモデルチャージ)となります。