Seasonal
Coltex.2019春秋コレクション   

こちらは、人気が定着したフリーショルダー。
様々なブランド(のネックエントリー)を着られたお客様からも『断トツで脱ぎやすい』とインプレを頂くColtex.のこのタイプ。
今年は初の試みとして、上半身すべてにアルティメットストレッチを使ってしまいました。
過去にないほど伸び、そして軽いマテリアルです。
(今のところ、今年だけの特別企画スーツとなります)



カッティングにおいては上半身がゆったりした造りのColtex. フリーショルダー。
真冬用フリーショルダーでも大好評の『背中と腕が一体』となる一枚パネルです。


接着面(カット)が少ない上に、全身に超伸縮素材を使用してきました。
今年はそんな超伸縮素材を大幅に上回るアルティメットストレッチを上半身すべてに使用!!
楽な着心地・運動性はもちろん、脱ぎやすさにも驚いて頂けると思います☆
裏返しますとこんな感じ↓


昨年好評だった腕の最新立体カッティングを継続採用!!
肘から首元までつながる「らせん状」のカッティング。
パドル時に最も負担が下がるように、肘部分がパドルに近い角度でツイスト。
効果は大きく、長時間のサーフ時には疲労軽減を感じます。



『軽さ・楽さ』が素晴らしいフリーショルダーですが、強度アップにもフォーカスしています。
スーツを脱ぐ際、肘がアームホールを通るため、脇まわりの強度アップは重要。
以前までストレートだったカットは背面に向かいツイスト(ひねり)させています。
この湾曲カットにより接合面への力は分散し、耐久性(長持ち度合い)が上がりました☆

他のスーツ同様、酷使される股の接合面は力を逃がすよう、計算した湾曲カットとなります。

補強テープが必要な個所には2種類のテープを使っています。
着脱時の伸縮を求める手首&首にはストレッチテープ(←フィルムのようなこのテープ、かなり調子良いです!!)、
強度を求める股には布テープで用途別けしています。




下半身にも最新バージョンの立体カットを採用。 特に膝の感覚に影響する「膝裏カッティング」にはこだわっています。
突っ張り感の無い、自然なフィーリングを感じて貰えると思います。



マテリアルについて。
フリーショルダーのマテリアルは上半身にアルティメットストレッチ、下半身には超伸縮のNESLを使用。

今年モデルのカラーパターンは上半身ブラックのみ、下半身のNESL部分のみカラーを選択可能です。
(参考写真↓はブラックxメランジグレー)

NESLのパターンは全23色+メランジ系6色。
加えてカモフラージュが3色となります。
こちら↓ はメランジ系の新色です。

フリーショルダーシリーズは全体重量が軽く、裸感覚で着れてしまう暖かな一着。
お値段もベルクロZIPタイプと同額に致しました。
加えて今年はアルティメットストレッチ標準装備の通年フェアプライスです!
お好みの機能・スタイルをお選びください。
工場スタッフ共々、じっくりと時間をかけた自信作です。