Seasonal
Coltex.2018-2019 冬コレクション    

続いて新しくなったフリーショルダーのご紹介です。
真冬用フリーショルダーは年を追うごとにオーダー数が増え、袖を通した方には大好評のモデル!!
今年もハイレベルな運動性はそのままに、さらなる強度アップ&保温性アップにフォーカスしています!!


フリーショルダースーツの性能をまとめると、、、
・通常のスーツより暖かい(水が入りにくい)
・通常のスーツよりパドリングが楽
この2点に尽きます。


極めて暖かく体温が下がらない理由は、ゆとりを持たせて『ゆるく』作られた構造。
これにより「熱伝導を遅らせる空気層があること」が理由です。
そしてこのスーツ最大のポイントは、、、
背中と腕が(超伸縮素材で)ゆるく、一枚パネルであること。

この構造がパドリング動作を大きく助け、裸の様な着心地を生んでいます。
着脱には通常のベルクロZIPよりも少々時間がかかりますが、コツを押さえることがポイント。
昨年までの販売実績では100kgオーバーのお客様でも問題なく(破損なく)着用されています。

今年は脇回りのカッティングが思いっきり流線ベースに☆
ウェーブカッティングを多用して強度を大幅にアップさせました!!
昨年までとはルックスが変わっていますが、破損個所のデータを反映させたアップデートです。
また、胸パネルも肩まで立体的に拡大し、脇の突っ張り感をさらに除去しています!!!


もちろん大好評につき、昨年モデルから継承したパートも。
まずひとつはカッティング。
脇から袖口にかけてツイストさせたジャージパネルが入り、このパネルを引けば脱げるようになっています。


爪が立たぬよう腕のラバーに気を遣う必要が無く、着脱はサクサク簡単になりました!!
このパネルは強くツイストさせてあり、腕全体の立体も強めました。
一石二鳥、ナチュラルなパドルも体感頂けます。
素材は暖かな短起毛、超伸縮のエアNESLです☆


着脱時につまむ胸パネルは耐久性に優れたメッシュスキンを使っています。
(他の部分は撥水性に優れたフラットスキンです)

これによりフリーショルダーセミドライは『簡単着脱』に、そして『さらに暖かく』なり、
ベルクロファンの方でも移行するケースが増えています。

そして、もう一点。
フリーショルダーは5/3mm(上半身3mm、下半身5mm)仕様が標準ですが、
この↓ 背中〜腕の一枚パネル(超伸縮・かつ保温のエアNESL、スムーススキンの部分)

このエアNESLパネルを4mmに変更することが可能です☆
もちろん4mmとはいえ、エアNESLなので伸び・軽さは抜群!!

ご存じの通り、ただでさえ暖かい真冬用フリーショルダー、、、
昨年実績でこの5/4/3mm仕様は自称寒がりの方、そして寒冷地のお客様に大好評!!
ぽかぽかの暖かさを感じて頂けると思います。
※この場合も、着脱時に引っ張る部分(胸のメッシュスキンや袖のジャージ)は3mmとなり、着脱には一切影響がありません。


もちろん下半身にもこだわりました。
上半身同様、ナチュラルな関節の動き☆
膝周りには特に力を入れており、膝裏3mmパネルの拡大&立体化!!
屈伸はジャージフル並の感覚です。


足首先端のウォーターブロック。
ジャージと異なり繊維が存在しないラバーは水の吸い上げをシャットアウト。
これでブーツ内に溜まる海水は減ることでしょう☆
ラバー表面にはスリップ加工を施し、足が入れやすいというメリットもプラスしました。


また、下半身にはウルトラストレッチ素材NESLを全面に使用。
あえて起毛素材を避けました。
破損リスクが高い下半身は、柔らかいことで周りのパネルに良い影響を与える部分です。

生地そのものの伸びが持続することで接着面への負担を軽減。
硬くなりにくいウルトラストレッチ素材は、複数年単位で見た「接着面の割れ・剥がれ」を抑止できます。
スーツは今まで以上に長持ちすることでしょう☆

長持ち=強度と言えば、股の接合面。
破損のリスクが高いこのパートには力を逃がす『波型カッティング』を引き続き採用。
接着面の割れや、針穴の拡大を抑制するものです。

必要な個所には補強テープを装備させて、こちらも強度アップを重要視しています☆
Coltex.の運動性アップ&強度アップ路線は今年も変わりません!!!

フリーショルダー・超伸縮保温モデル☆
上半身は3mmエアNESL、下半身は5mmNESL。
(上半身は4mmエアNESLも選択可能!!)
僕やライダーのテストデータ、お客様の多数のインプレから、
1ランク上の運動性・保温性を確信しています。


他のスーツ同様、フルオーダーチャージは頂きません。
価格は¥63000です。