Seasonal
Coltex.2017春秋コレクション

こちらは、愛用者が増えているフリーショルダー。

過去数年間、セミドライバージョンやブーツ付きなど多数のタイプでテストを繰り返し、今季も良い部分のみを抽出。
どなたにも解りやすい『運動性と保温性』を実現しています。
独特のビジュアルを持つスーツです。

カッティングにおいては真冬用フリーショルダーでも大好評の『背中と腕が一体』となる、一枚パネル構造を採用!!

動きを邪魔するものが無い、異次元のフィーリングは、袖を通された皆さまの一貫したインプレッションです☆
こちら↓ は裏地、全面に超伸縮NESLを使用しています。



昨年好評だった腕の立体カットもさらにアップデート!!
肘下から首元まで繋がる「らせん状」のカッティング。

パドル時に最も負担が下がるよう、肘部分がパドルに近い角度でツイスト。
これの効果は意外と大きく、長時間のサーフ時には疲労軽減を感じます。


着脱部分であるネックパーツは形状をリファイン。
耐久性アップと共に、スマートな印象となりました。
このパーツには専用のウルトラストレッチ素材を360°使用しています。



『軽さ・楽さ』が素晴らしいフリーショルダーですが、強度アップにもフォーカスしています。
スーツを脱ぐ際、肘がアームホールを通るため、脇まわりの強度アップは重要。

2年前までストレートだったカットは昨年モデルから背面に向かいツイスト(ひねり)させています。
この湾曲カットにより接合面への力は分散し、耐久性(長持ち度合い)が上がりました☆


ベルクロZIP同様、 酷使される股の接合面も力を逃がすよう、計算した湾曲カットに変わりました!!

テスト段階ではテープによる補強が要らないタフネスを感じていましたが、念のため丈夫な“補強テープ“を標準装備しています。
補強テープは厳選した2種類を使用。

着脱時の伸縮を求める手首&首にはNEWストレッチテープ、強度を求める股には布テープで用途別けしています。
(硬度の差による周辺の破損など、デメリットも多い補強テープは出来るだけ無くしていきたい。
これを可能にするのが上のような『力を逃がすカッティング』という訳です。
職人の新しいアイデアとテストが必須ですね☆)


尻からフクラハギにかけてもカットをアップデート。
特に膝の感覚に影響する「膝裏カッティング」が大きく変わりました。
突っ張り感の無い、自然なフィーリングを感じて貰えると思います。



フリーショルダーのマテリアルは超伸縮のNESLを全面使用。
NESLは生地の硬化が極端に少なく、この柔らかさと軽さは2年目も!
着ている方のインプレ&リピート率は極めて高く、最高のコストパフォーマンス素材だと思います。

NESLのパターンは全24色+メランジ系3色。 加えてカモフラージュが3色となります。
(裏地カラーはColtex.独自の設定です)

フリーショルダーシリーズは全体重量が軽く、裸感覚で着れてしまう暖かな一着。
お値段もベルクロZIPタイプと同額に致しました。 お好みの機能・スタイルをお選びください。
工場スタッフ共々、じっくりと時間をかけた自信作です。